2012年01月22日

金柑と紅茶のチョコタルト

DSC_0510.jpg

バレンタインにどんなお菓子を作ろうかと考えながら作ったタルト。
絞りが苦手なのだけど、コッタのモニター品であるピックやアラザンでなんとなく華やかな感じに仕上がったような気がします。特にチョコ菓子は、色がダークになりがちなのでこういうピックなんかはありがたい。
コッタのアラザンはヨーロッパから直輸入された「純度99.8%」の銀を使用したものだそうで、なるほど輝きが違うような気もします。アラザンはこれです→トゥインクルアラザン シルバー
大人っぽい雰囲気のピック→ケーキピック ウイング
金柑と紅茶のチョコタルトのレシピはこちらに載せています。

DSC_0497.jpg

こっちはプチフール型で作った子供用の小さなタルト。こちらは小さいのでクレーム・ダマンドのみで焼き、金柑を2日ほど室内に干したものをガナッシュの中に入れ込んでいます。
コッタのデコれーとペンでお花らしきものを飾ったら子どもが喜びそうだな〜。とお昼寝中にこそこそお花を作ったのだけど、珍しいチョコのお菓子を目にした途端、お花には気づきもせずにぱくっと食べてしまいました。子どもよりも旦那さんのほうがすごい〜と褒めてくれました。
わたしはコルネがうまく扱えないので、チョコのお絵かきはデコペンがとても重宝。カラーが豊富なので、いろんなお絵かきを楽しめそうです。

DSC_0515.jpg

大きいほうの断面。いつもながらカットが汚くてすみません。
ざっくりのパート・シュクレにアールグレイの入ったクレーム・ダマンドに金柑。上から滑らかなガナッシュを絞りました。まったりガナッシュと金柑にアールグレイのほのかな香りが好みでした。
今回チョコはコッタオリジナルのスイートチョコレートをモニター品でいただいたので、それを使用してみました。チップになっていて刻む手間がなく、ガナッシュを手軽に作れます。クーヴェルチュールでありませんが、なんといってもお安いので普段使いに良いなぁと思いました。
コッタオリジナルスイートチョコ→スイートチョコレート1kg。1キロで買うとすごくお得。

DSC_0517.jpg

今回のモニター品の中で、一番気に入ったのはこのデコ箱。
普段、手土産やおすそ分けにするときに使う箱は、シンプルな箱。初めてこんなかわいい箱を使ったのだけど作りもしっかりとしていて、ケーキを入れても安定感があるような気がしました。
写真ではわからないかもしれませんが、組み立て式になっていて、ふた以外は厚紙が2重になり底も側面も表紙のきれいな面が出るようになっています。2重になるからしっかりとしているのかも。デコ箱って地味な存在ですが、プレゼントされるときこんなかわいい箱だとテンションも上がるのかもしれないなぁ。と思いました。
デコ箱はこれ。→パリス・ギフト Sパリス・ギフトというシリーズで形も大きさもいろいろ。
モニター記事のため、なが〜くなりました。最後まで読んでいただきありがとうございます。




型はこれを使いました。

小さいほうの型はこれ。安いけど、ほんと小っちゃくて敷きこみが面倒。でも、タルト生地が残ったらちょっとだけ作ったりするのに重宝です。馬嶋屋菓子道具店は25日が5000円以上、送料無料。

お菓子道具の浅井商店楽天市場店は1月20日10:00〜23日9:59まで、5000円以上送料無料!ホイッパーがかなり古くなってきたので買いなおしました。
posted by さやか at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

クルミときんかんのブラウニー

DSC_0494.jpg

コッタのバレンタインモニターに当選したので、バレンタイン用にチョコのお菓子。
ブラウニーは混ぜるだけで失敗しらずだから、気負わず作れて義理チョコなんかに良いかな?と思い作りました。

DSC_0499.jpg

トップにきらきらのきんかんが乗っていると見た目にも華やかなので、プレゼントとして喜ばれるかもしれません。
今回チョコはヴァローナカライブと、タナリヴァ・ラクテを混ぜました。モニターなのでブラウニーなのに豪華(わたしにしては)。もちろんミルクチョコを混ぜなくてもダークチョコだけ作っても良いです。
クルミが香ばしく、きんかんの深みがチョコとも合います。オーブンで再び加熱されたきんかんの蜜煮は、蜜煮の時よりも風味がギュッと凝縮されたような気がします。
レシピはこちら。金柑とクルミのブラウニー

DSC_0523.jpg

いわゆる「ぶきっちょ」なわたしは、ラッピングが大の苦手。キャラメル包みとかもできたためしがありません。
なので、ラッピングはOP袋に入れて、ケーキピックを通したタイで結んだだけ。手先の不器用なわたしでも簡単でした。
めずらしくラッピングしたので義実家へ少しだけおすそ分けしました。おいしいクーヴェルチュールを使ったのできっと喜んでくれるはず?

ラッピングに使用したピックはこちら
ピック バレンタインデー
ピック Sweet Heart B&P




型はこの型を使いました。
お菓子道具の浅井商店楽天市場店は1月20日10:00〜23日9:59まで、5000円以上送料無料!バレンタインにチョコフォンデュのセットが魅力的。
posted by さやか at 06:30| Comment(3) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

伝統製法バターで作るりんごのソテー

DSC_0193.jpg

美味安心レシピブログのモニター、伝統製法バターを使ってりんごのソテーを作りました。
有塩でも作れるお菓子に使おうと思っていたのだけど、同封されてた説明書に炒め物に使うと真価を発揮する。という記述があったので、ソテーに使ってみた。
伝統製法だからか、いつも使うバターよりコクがあり、仕上げがつややかなように感じた。
パッケージもレトロな感じでかわいいし、なによりバターがカップに入っていて使いやすく、収納しやすいことから消費者のことを考えてらっしゃるのだな。と感じた。
まだ残っているので、次は焼き菓子でも作ろうと思う。
美味安心さん、レシピブログさん、美味しいバターをありがとうございます。

りんごのソテーのレシピはこちら

DSC_0197.jpg

りんごのソテーと、ラムレーズンのアイスクリームを一緒に食べてみたら、相性抜群だった。
こんな風にアイスクリームと一緒に食べたり、パンケーキと一緒に食べたり、お肉の付け合せにしてもおいしくいただける。
使うりんごは甘さのない紅玉などを使うといいけど、最近あまり見かけなくなってきた。もしも甘いリンゴで作るなら、加える砂糖を加減して作ると甘ったるくなく美味しく仕上がると思います。

あをによし C's cafeのkao-chanさんがふわほわ肉まんの皮を使って、肉まんを作ってくださいました。蒸籠でむしてらっしゃるので、本格的中華!な仕上がりの写真に、今日も肉まんが食べたくなりました。作っていただきありがとうございます。
posted by さやか at 06:22| Comment(4) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする