2011年12月14日

黒ゴマアイスと伝統製法バター当選

DSC_0278.jpg

アイス作りははクレームアングレーズを適当に炊いて、アイスクリームメーカーでぐるぐるやれば美味しいものができると思っていたのだけど、なかなかそうもいかないことが分かって悪戦苦闘している。。。
昨日のアイスは黒ゴマを使ってみたら、なかなか好みに仕上がった。生クリームを使わなくてもまったりとしたアイスができたのがとても嬉しい。
ごまは生のごまを炒って、新しく買ったミキサーのグラインダーで簡易練りごまにして使った。市販の練りごまより香りが良く、なにより使う分だけ練りごまを作れるので嬉しい。
先日ミキサーが壊れてしまって、後釜のミキサーはどんなものにしようかと考えていたのだけど、結局このハンディタイプにした。旦那様より臨時お小遣いをいただき、アイスクリームメーカーと一緒に購入。ありがたや。


据え置きタイプと迷ったけど、これに決めた理由は氷も砕けることとグラインダーというミルのような機能がついていること、連続使用可能時間が5分なこと。使ってみて、やはり手軽に使えるし、パワー不足を心配したのだけど、今まで使っていた据え置きタイプのミキサーよりもパワーを感じました。が、長時間ミキシングするのはちょっと重い。重いことを加味しても、ミキサーを気軽に使えるのはとてもうれしく、ポタージュなんかを作る時の洗い物のことを考えると気分が軽くて良いです。

DSC_0282.jpg

先日レシピブログと美味安心のモニターに応募していた、「伝統製法バター」が届きました。炒め物に使うと真価を発揮するらしい。んん、ビスケットを作りたかったのだけど、真価を体感したい気もする。
どんなお料理に使おうか今から楽しみです。
posted by さやか at 07:00| Comment(3) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

黒豆とさつまいもの香ばしブレッド

DSC_2300.jpg

ふじっ子の丹波黒黒豆を使って、旬のさつまいもとごまを使ってパンを焼いた。
黒豆は大粒の丹波黒なので存在感がたっぷりで、生地とさつまいもの甘さの中に、黒豆のほんのりお醤油の塩味が効いていた。

∞∞∞レシピ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
出来上がり:17cmパウンド型2台分
強力粉・・・・・250g
砂糖・・・・・15g
塩・・・・・3g
水・・・・・96g
牛乳・・・・・90g
卵黄・・・・・22g
スキムミルク・・・・・6g
ドライイースト・・・・・3g
バター・・・・・15g
☆ふじっ子丹波黒黒豆・・・・・1袋
☆さつまいも・・・・・中1本
☆黒ごま・・・・・20g

下ごしらえ)黒豆は前日から水分を切っておく。さつまいもは弱火の蒸し器で蒸し、1cmの角切りにする。
1)バターと☆以外の材料をHBでこねる。こねコースで7分MIX→バター追加→7分MIX。捏ね上げ27度を目安に。夏場は牛乳を冷やして。冬場は温めて。
2)こねあがった生地を台にだし、☆印の材料を混ぜ込む。混ぜ込みは生地を伸ばし、具材を散らしたら上下左右を折り、もう一度やさしく伸ばして上下左右を折る。
3)生地を丸め、薄くサラダオイルを塗ったボウルに入れて、ラップをする。
4)27度で80分発酵。2.5倍まで発酵したら一次発酵終了。
5)台に取り出しやさしくガスを抜き、2分割する。丸めなおし15分〜20分ベンチタイム。麺棒で伸ばしてみて、生地が戻ったりするようならベンチ不足。
6)麺棒で17cmくらいの正角になるように伸ばし、向こう側からくるくる巻く。巻き終わったら軽く転がして形を整える。
7)スプレーオイルをしたパウンド型に詰め、35度で50分から60分、二次発酵。型よりほんの少し上がるまで発酵したら良い。
8)200度のオーブンで20分焼く。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
黒豆の料理レシピ
黒豆の料理レシピ


具材を混ぜ込むときや生地を伸ばすときに黒豆がつぶれてしまったので、成形時に巻き込んでも良いかもしれません。
さつまいもと黒豆入りなのでおなかにもたまり、朝食やおなかがすいているときのおやつに良いな、と思いました。
posted by さやか at 06:02| Comment(4) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

和を楽しむ黒豆タルト

DSC_2149.jpg

先日モニターに当選したふじっ子のおまめさん「丹波黒黒豆」を使ってタルトを作りました。
ほっくり黒豆にほうじ茶と柚子をあわせて和の風味豊かなタルト。
黒豆の上品な甘さがとても好きだったので、他のパーツは甘さを控えてみました。
ざっくりとしたパート・シュクレに丹波黒黒豆をたっぷり贅沢に使って、時々くるみの歯ごたえが良かったです。
そして柚子のさわやかさとほうじ茶のあっさり風味のおかげで、いくらでも頂けそうなタルトになりました。
肌寒くなってタルトなどのどっしりしたお菓子も美味しい。(なのにバターが不足してるのが困りものだけど)

DSC_2154.jpg

∞∞∞レシピ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
出来上がり:18cmタルト型1台分
〜パート・シュクレ〜
バター・・・・・45g
上白糖・・・・・20g
塩・・・・・1g
全卵・・・・・15g
薄力粉・・・・・80g
強力粉・・・・・20g

〜クレーム・ダマンド〜
ふじっ子おまめさん「丹波黒黒豆」・・・・・1袋
バター・・・・・50g
きび砂糖・・・・・30g
全卵・・・・・1個分
薄力粉・・・・・10g
アーモンドプードル・・・・・50g
くるみ・・・・・20g
ほうじ茶葉・・・・・2g
柚子の皮のすりおろし・・・・・3g
柚子果汁・・・・・5g

〜下ごしらえ〜
黒豆はキッチンペーパーにとって汁気を切る。
くるみは160度のオーブンで20分ローストし、粗く刻む。
ほうじ茶はすりばちで細かくし、茎などの硬い部分は破棄する。

〜パート・シュクレを作る〜
1)バターをホイッパーでポマード状に練り、上白糖を2回に分けて加えよくすり混ぜ、塩も加えて混ぜる。
2)溶いた全卵を少しづつ加え混ぜる。
3)へらに持ち替え、ふるった粉類を3度に分けて加える切り混ぜる。最後は、へらでボウルの底に押し付けるようにしてまとめる。
4)ひとまとめにしてラップに包み、一晩冷蔵庫でやすませる。
5)冷蔵庫から出して室温に30分置いた生地を、型より大きく伸ばし、タルト型にしきこむ。
6)180度に予熱したオーブンで、15分空焼きする。

〜クレーム・ダマンドを作る〜
7)バターをホイッパーでポマード状に練り、きび糖を2回に分けて加えよくすり混ぜる。薄力粉を1度に加え混ぜる。
8)溶いた卵を少しづつ加え、加えるたびにホイッパーでよく混ぜる。ふんわりとした状態になるまで良くまぜる。
9)へらに持ち替えアーモンドプードルを1度に加え、さっとあわせる。混ぜ終わらないうちにくるみ・ほうじ茶葉・柚子皮と柚子果汁を加えさっとあわせる。
10)ふじっ子おまめさん「丹波黒黒豆」の半量を加え、ざっと合わせたら、空焼きしたタルトに詰める。トップに残りの黒豆を散らす。
11)180度に予熱したオーブンで25分焼く。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
黒豆の料理レシピ
黒豆の料理レシピ


シュクレは前日の夜に仕込むし、焼きっぱなしでよいタルトなので、工程を見るよりは楽に仕上がると思います。
黒豆のシロップを切るときは、ペーパーで全ての水分を取ってしまうのではなく、表面にシロップがついているくらいが良いです。そうすると、焼きあがった後も豆の表面にしわが寄りませんでした。そして、食べたときも皮が硬くもならず、そのまま食べたのと変わらない食感でした。

ふじっ子のおまめさん「丹波黒黒豆」は黒豆を手軽に楽しめるレトルトパックなのがなにより嬉しかったです。そしてさすがは丹波黒。粒が大きくて一粒のボリュームが大きくて存在感がたっぷり。とても美味しく頂きました。
そのまま食べてももちろんおいしいのだけど、やはり少し手をかけるともっと美味しいものができたような気がします。
レシピブログさん、ふじっ子さん。ありがとうございました。


タルト型はこれを使っています。しきこみが楽。
posted by さやか at 05:49| Comment(7) | TrackBack(0) | モニター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする