2016年07月10日

オブアート、描きやすいキャラは??

201607102.jpg

オブアートパンの作り方を掲載していましたら、興味を持ってくださった方から、オブアートで書きやすいキャラは??とご質問がありましたので、スヌーピーと即答してしまうほど書きやすいスヌーピー。
色も複雑ではなく、混ぜて作ったりしなくても良いですし、濃く塗ってしまってもよいので色もつけやすいです。
線はオブに書くとき緊張して線がぐらぐらしてしまっても、それもスヌーピーっぽい感じで良し。となるのがスヌーピー。
いんすたとかにアップされてるオブアートでもピーナッツのキャラクターが多いの、すごくわかります。

201607101.jpg

スヌーピーならこの大きめの絵でも約10分ほどで、なれたら5分ほどでかけます。
とにかく色が単純なので、色で悩まなくて良いのがすごくいいです。
そしてなにより可愛いですし♡
オブラートアートパンの作り方はこちらからどうぞ。



フードカラーは、ピーナッツキャラの場合はウィルトンで良いと思います。
キャラの雰囲気によっては色がパキッとしすぎてしまうのでちょっと合わない場合もあるのですが、ピーナッツのキャラクターにはウィルトンの方がしっくりきます。
逆に可愛らしい系のキャラとかプリンセス系などは色粉の方が良いと思います。
色粉の方が色を少しづつ重ねることができるので、陰影もつけやすいです。
あ、でも今回、ルーシーとシュローダーの青い服は色粉です。ウィルトンのこのセットの青はブルーといってもスカイブルーのような色でちょっと雰囲気が違ったので・・・

青はこの色粉です。スピルリナ由来の天然色素だそうです。シックな色合いで水にも溶けやすく使いやすいんですが、塗り重ねすぎるとオブがやぶれます。ほかの色を同じ回数塗り重ねても破れないのに、この色だと線との境目のところが破れてしまうんですよね。でも天然色素は子供に与えても罪悪感があまりなくて良いです。
posted by さやか at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

オブアートパンのお弁当

201607062.jpg

明日は七夕・・・・
ということで七夕っぽく織姫彦星のロマンチックキャラパン弁当なんてどうかしら?
と子どもたちに提案してみると全く無表情で却下されました。
では、七夕の弁当どうする?と聞くと
魔法使いプリキュア!!妖怪ウォッチ!!!!
ということだったのでオブアートしました。
いつもの白パン生地ではなくちょっと固めのパン生地にしましたら、中央部の湾曲がない・・・
でもまずそうな生地でした・・・

201607061.jpg

娘はキュアミラクルで、息子はラストブシニャンだそうです。
全く七夕と関係ないですよね・・・・あ、でもラストブシニャンはお星様の甲なので彼なりに七夕意識したそうです。
キュアミラクルは書くの楽しかったです♡
ラストブシニャンは普通のブシニャンと違い赤い鎧なので、青色素でオブが破損する恐れがなく、安心してかけました。
オブアートパンの作り方はこちらです。宜しければ参考になさってください。
posted by さやか at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

簡単♪折り込みカスタードパン

201604291.jpg

ディープイングリッシュマフィン型を使った折り込みパンです。
カスタードをたっぷりと折り込んで、分厚いマフィン型で焼いたらまるで切り株みたいではありませんか〜?
焼きあがってひとりにやにやしたパンです。
レシピは馬嶋屋さんに掲載いただいています。
簡単♪折り込みカスタードパン
写真たっぷりで掲載いただいているのでぜひご覧くださいませ〜。

201604292.jpg

断面はこんなふう。層を剥がしながら食べる子供たちは楽しそうでした。


型はこれです。the 丈夫って感じです。
これ、巷で流行の厚焼きパンケーキも焼けるし、厚焼きマフィンも焼けるし、スグレモノの型だと思います。
posted by さやか at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | パン作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする